眠りは百薬の長なぜだろう?よく寝る人は病気にならない

高田明和・著

眠りは百薬の長なぜだろう?よく寝る人は病気にならない

発行
1993/03/10
サイズ
四六判
ページ数
218
ISBN
978-4-06-154201-3
本体
1,456円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

睡眠は心の傷をいやし、免疫力を強化する。睡眠は単なる休息ではない。眠っている間に、脳の神経回路は正常に修復され、体の免疫力を高める。眠りを削ることは、人生を削るに等しい。あなたも要睡眠?

目次

1 そして、夜がやってくる
  1.おちおち寝てもいられない
  2.寝ている間に止まる心臓
  3.朝立ち伝説のウソ・ホント
  4.夜勤は、なぜつらいか
  5.夢か、うつつか

2 眠りは百薬の長
  1.何のために眠るか
  2.人の眠り、動物の眠り
  3.眠りの四段階
  4.眠りは免疫を強化する

3 夢の読み方
  1.夢に意味はあるのか?
  2.寝ている間の情報処理
  3.正夢の驚き
  4.夢はどう読む
  5.夢は右脳で見るのか?

4 からだの時計のベルが鳴る
  1.「午前中にゴルフをするな」は本当
  2.時差ボケのない海外旅行の仕方
  3.一日は二十五時間
  4.突然おそってくる眠気
  5.昼間の眠気をどうするか

5 いい人生に、いい眠り
  1.こんな人が不眠症になる
  2.五種類もある不眠の原因
  3.不眠を上手になおす法
  4.羊が一匹、羊が二匹?
  5.眠りには宗教的な意味がある