好きになる薬物治療学患者をみた治療薬の選定とその用法

大井一弥・著
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる薬物治療学患者をみた治療薬の選定とその用法

発行
2010/09/20
サイズ
A5判
ページ数
207
ISBN
978-4-06-154175-7
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,200円(税別)

内容紹介

◎患者背景を考慮した薬物治療の要点をつかむ◎

薬物治療の基礎と要点を、臨床の視点をいかして解説。
医療用医薬品とOTC医薬品、薬物体内動態、PK-PD、剤形の違い、年齢、薬効、症状、病態、コンプライアンスとアドヒアランス......など、薬物治療で考慮すべきさまざまな要因を丁寧に述べた。薬学部の学生をはじめ、医療系の学生やレベルアップを目指す薬剤師、看護師向けの一冊。

目次

1章 知っておきたい薬の基礎知識
2章 薬物治療薬の選定まで
3章 薬の動きからみた薬物治療
4章 剤形からみた薬物治療
5章 年齢の違いからみた薬物治療
6章 抗がん薬~薬効からみた薬物治療
7章 痛みと薬~症状からみた薬物治療
8章 病態からみた薬物治療
9章 薬物治療を妨げるものは何かを考える