好きになる解剖学 Part 2関節を動かし骨や筋を確かめよう

竹内修二・著
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる解剖学 Part 2関節を動かし骨や筋を確かめよう

発行
2005/09/25
サイズ
A5判
ページ数
214
ISBN
978-4-06-154160-3
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,000円(税別)

内容紹介

わかりやすいと大好評の「好きになる解剖学」の第2弾!
骨・靱帯・筋肉を中心に

腹筋が発達すると、どうして腹が割れているように見えるの?こんな疑問にも答える講義形式の「解剖学」
助手のかえるも健在

目次

lecture 01 膝蓋骨 ひざの蓋に触れてみよう
lecture 02 膝関節 半月板や十字靱帯
lecture 03 膝窩 ひざの裏のくぼみ
lecture 04 下腿 早歩きで痛くなる筋肉
lecture 05 足 足の骨は何個?
lecture 06 股関節 ももを上げる筋、下げる筋
lecture 07 寛骨と仙骨・尾骨、そして骨盤 骨どうしが結合して骨盤に
lecture 08 腋窩 脇の下のくぼみ
lecture 09 腕神経叢 名前はユニーク、分布は複雑
lecture 10 上腕 力こぶとなる筋肉
lecture 11 肘関節 くぼみと出っ張り
lecture 12 前腕 うちわを扇ぐ
lecture 13 手 占い師は何を見ている?
lecture 14 お腹 腹筋はなぜ割れている?
lecture 15 背 肩こりは背中の筋がこる?