好きになる人間生物学私たちの身近な問題 身近な疑問

吉田邦久・著
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる人間生物学私たちの身近な問題 身近な疑問

発行
2004/05/01
サイズ
A5判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-154156-6
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

あの「好きになる生物学」の第2弾
くまが人間をテーマにルポを書く?

DNA、健康、こころ、男と女、そして環境。「人間」とは何かを、広く生物学的に考える。

12か月にわたる「ひとの生物学」の超おもしろ講義
文科、理科を問わず、生物学をもっと楽しみたい人に

目次

1月 年賀状/遺伝子は生命のレシピ
2月 バレンタインデー/ヒトゲノム解析でわかったこと
3月 卒業式/男と女の違いを考える
4月 入学式/ヒトの発生とクローン人間
5月 ハイキング/こころは脳がつくるのか
6月 梅雨/脳の調子を左右するもの
7月 暑中お見舞い/病気と健康
8月 かき氷/ヒトは何を食べてきたか
9月 月見だんご/からだの調節
10月 運動会/なぜ老い、なぜ死ぬか
11月 紅葉/ヒトはどこから来たか
12月 大掃除/人間は地球に何をしてきたか