好きになる病理学るみと健太の病理学教室訪問記

早川欽哉・著
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる病理学るみと健太の病理学教室訪問記

発行
2004/04/20
サイズ
A5判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-154151-1
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,200円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

病理学教室って何をしているところ?良性か悪性の腫瘍かって、どう判断するの?どうしていろいろな病気があるの?
こんな疑問がよくわかる。実力も身につく「病理学の入門書」

目次

プロローグ 病理学って何?
第1講 病気の原因(外因と内因)
第2講 細胞が衰え、機能が乱れる(退行性病変)
第3講 組織が増殖する、再生する(進行性病変)
第4講 血流とリンパ流の障害(循環障害)
第5講 生体の防御反応(炎症と免疫1)
第6講 アレルギーと臓器移植(炎症と免疫2)
第7講 がんの姿・形(腫瘍)
第8講 先天的な体の形の異常(奇形)
第9講 循環器の疾患(心臓と脈管)
第10講 消化器の疾患1(消化管)
第11講 消化器の疾患2(代謝臓器)
第12講 呼吸器の疾患(鼻から肺へ)
第13講 血液・造血器の疾患(血液・リンパ節など)
第14講 内分泌器の病理(ホルモンの分泌器)
第15講 神経系の疾患(脳・脊髄)
第16講 泌尿器の疾患(尿の通り道)
第17講 女性の疾患(子宮・乳腺など)
第18講 男性の疾患(精巣・前立腺など)
第19講 運動器の疾患(筋肉・骨)
第20講 感覚器の疾患(眼と耳)