1 ベクトル・テンソルと行列

G.B.Arfken/H.J.Weber・著 権平健一郎/神原武志/小山直人・訳

1 ベクトル・テンソルと行列

発行
1999/11/20
サイズ
A5判
ページ数
350
ISBN
978-4-06-153960-0
本体
4,500円(税別)
在庫
在庫なし

内容紹介

親切、ていねいな説明で定評のあるアルフケン物理数学の最新版

物理数学を独習しようとする人にとって都合のよいように──これが本書執筆の第1の立場である。第2の立場は、いろいろな分野で数学がどのように使われているかを各自理解し、みずからも使えるようになってもらうために、工学でよく現れる実例を豊富に用いて、本文や問題を構成していくというものである。──(序文より)

アルフケン教授が18年間にわたる講義を基礎にまとめあげた物理数学のテキスト。書き方は非常に親切、かつ、ていねい。実例が豊富で、工科系学生にも入りやすい。第4版では、ウェーバー教授の手を借りて、多くの追加と改良、それに若干の削除が行われた。

Vol. 1 ベクトル・テンソルと行列
Vol. 2 関数論と微分方程式
Vol. 3 特殊関数
Vol. 4 フーリエ変換と変分法

目次

第1章 ベクトル解析
第2章 曲線座標におけるベクトル解析とテンソル
第3章 行列式と行列
第4章 群論