入門 多変量解析の実際

朝野煕彦・著

入門 多変量解析の実際

発行
1996/05/20
サイズ
A5判
ページ数
198
ISBN
978-4-06-153946-4
本体
2,720円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

誤用やトラブルはつきものの多変量解析。マーケティングの現場から、どんな時、どの手法を使うか、トラブルにはどう対処するかなど、実例を用い、実用的に解説。

目次

 1 ウォーミングアップ-下準備と本書のパノラマ-
 2 コレスポンデンス分析と数量化理論3類-製品やブランドをポジショニングする-
 3 主成分分析-情報を集約する-
 4 因子分析-隠された構造を可視化する-
 5 クラスター分析-マーケット・セグメンテーションの道具-
 6 重回帰分析と数量化理論1類-市場性を予測する-
 7 正準相関分析と判別分析-多変量解析の総本山に迫る-
 8 コンジョイント分析-新製品のコンセプトを開発する-
 9 トラブル・シューティング
10 ユーザーのための多変量解析