人体内放射能の除去技術挙動と除染のメカニズム

放射線医学総合研究所/青木芳朗/渡利一夫・編

人体内放射能の除去技術挙動と除染のメカニズム

発行
1996/01/10
サイズ
A5判
ページ数
118
ISBN
978-4-06-153942-6
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

放射性核種の人体内挙動と除去のメカニズムをわかりやすく解説。除去法の実際、事故例、用語解説を簡潔にまとめたRI利用者、放射線取扱者、自治体関係者の必携版。

目次

1 放射性核種の生体内挙動
  1.放射性ヨウ素
  2.放射性セシウム
  3.放射性ストロンチウム
  4.放射性ルテニウム
  5.放射性マンガン・亜鉛・コバルト
  6.プルトニウム

2 生体内放射性核種除去のメカニズム
  1.希釈による除去
  2.錯体の生成による除去
  3.吸着による除去
  4.代謝の攪乱による除去
  5.天然物質による除去

3 除去方法の実際
  1.放射性核種の人体内への侵入
  2.放射性核種の除去方法
  3.除去剤の使用要領

4 参考資料
  1.おもな人体内摂取事故例
  2.人体実験例