理工系のための数学入門 (2)常微分方程式・偏微分方程式

吉川庄一・著

理工系のための数学入門 (2)常微分方程式・偏微分方程式

発行
1994/02/10
サイズ
A5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-153925-9
本体
2,136円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

微分方程式の解法と物理への応用例を解説。第1巻と関係づけながら、微分方程式の物理・工学への応用を、実際の解法に沿って記述した。常微分方程式、偏微分方程式、変分法、摂動法等。演習問題と解答付き。

目次

23章 微分方程式序論(2)
24章 微分方程式序論(2)初等力学
25章 モンテカルロ
26章 3次元への行列式,座標変換
27章 ポテンシャル場での粒子の運動
28章 変分法、ラグランジュアン
29章 正準方程式
30章 常微分方程式の一般解法
31章 1階の偏微分方程式(1)
32章 1階の偏微分方程式(2)
33章 2階の偏微分方程式(序)
34章 速度cが場所による双曲型偏微分方程式
35章 2次元の振動,ベッセル関数
36章 演算子,摂動法,固有値問題
37章 放物型偏微分方程式
38章 楕円形偏微分方程式(1)
39章 楕円形偏微分方程式(2)