翻訳後修飾のプロテオミクス

平野久/大野茂男・編著

翻訳後修飾のプロテオミクス

発行
2011/11/20
サイズ
A5判
ページ数
243
ISBN
978-4-06-153884-9
本体
4,400円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

近年ますます発展する質量分析装置とその周辺技術。
質量分析法の原理を解説し、
実験例を通じてどのように応用されているのかを示す。
翻訳後修飾の種類ごとに、方法論と実例をセットで紹介。
プロテオミクス分野の研究者に役立つ一冊。

目次

1.序論
2.質量分析装置
3.翻訳後修飾解析のための試料調製
4.翻訳後修飾タンパク質の網羅的解析
4.1 リン酸化
4.2 グリコシル化
4.3 N末端修飾
4.4 C末端アミド化
4.5 酸化
4.6 ユビキチン化とSUMO化
4.7 脂質修飾
4.8 ADPリボシル化
4.9 硫酸化
4.10 メチル化
4.11 アセチル化
4.12 ラセミ化
4.13 脱イミノ化(シトルリン化)
4.14 プロセシング
5.デファレンシャルディスプレイ解析
6.翻訳後修飾の機能
7.翻訳後修飾のインフォマティクス