バイオ研究のためのラボワーク入門

大藤道衛・著

バイオ研究のためのラボワーク入門

発行
2010/12/30
サイズ
B5判
ページ数
158
ISBN
978-4-06-153882-5
本体
3,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

PCR、形質転換、遺伝子組換え、DNAの抽出、DNA解析、電気泳動、SNP解析など、現代バイオ実験の基本技術を網羅した研究者向け入門書。試薬や器具の扱い方・保存方法、実験結果の管理の仕方、統計評価の方法も解説。

目次

第1章 ラボワークに入る前に学ぶこと,ラボワークの準備
 1.1 実験室の設定
 1.2 法令・指針
 1.3 試薬・器具の選定と使い方
 1.4 基本操作
 1.5 実験系の立て方
 1.6 実験結果の管理方法
 1.7 統計的評価:統計学と統計解析
 1.8 廃棄物処理方法
 1.9 検体の保存方法
 1.10 バイオ研究支援企業による実験のサポート
第2章 遺伝子組換え実験,遺伝子発現実験
 2.1 実験の背景
 2.2 形質転換実験
 2.3 形質転換大腸菌からのプラスミドDNAの抽出
 2.4 電気泳動によるプラスミドDNAの評価
 2.5 発現タンパク質の精製,タンパク質の評価
 2.6 実験終了後の廃棄物処理
第3章 遺伝子解析実験
 3.1 実験の背景
 3.2 ヒトゲノムDNAの抽出
 3.3 PCRによるDNA断片の増幅
 3.4 PCR実験の設定方法
 3.5 PCRによるALDH2遺伝子の増幅とSNP解析