ノーベル賞の生命科学入門 遺伝子工学の衝撃

石田寅夫・著

ノーベル賞の生命科学入門 遺伝子工学の衝撃

発行
2010/03/10
サイズ
A5判
ページ数
199
ISBN
978-4-06-153876-4
本体
2,400円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

遺伝子工学なくして、今日の分子生物学、免疫学の発展はありえない。
ノーベル賞受賞者の研究人生を振り返りながら、
がん研究の全体像に迫る。

◆本書に登場する主なノーベル賞受賞者
ワトソン、クリック、コーンバーグ、モノー、ジャコブ、ラウス、テミン、ボルティモア、アルバー、バーグ、ギルバート、サンガー、ミルシュタイン、ケーラー、スミス、マリス、エヴァンス、スミティーズ、カペッキ、下村 脩、チャルフィー、チェン


※本書は、(株)化学同人より刊行された『ノーベル賞からみた遺伝子の分子生物学入門』(1998年)と『ノーベル賞からみた免疫学入門』(2002年)から、遺伝子工学に関係する章を選択し、さらにその後に遺伝子工学に関係する研究でノーベル賞を受賞した人々の業績を追加するなど、大幅に加筆し、再編集したものです。

目次

序章 遺伝子工学研究の発展
第1章 DNAの分子構造とその生合成機序の発見
第2章 制御遺伝子の発見
第3章 逆転写酵素の発見
第4章 制限酵素の発見とその分子遺伝学への応用
第5章 組換えDNA法とDNAの塩基配列決定法の開発
第6章 モノクローナル抗体生産法の開発
第7章 指定位置変異法とPCR法の開発
第8章 マウスの特異的遺伝子修飾法の開発
第9章 緑色蛍光タンパク質GFPの発見と開発
第10章 遺伝子工学の将来(現状と将来展望)