生命科学研究に成功するための統計法ノート

小林茂夫/杉山麿人・著

生命科学研究に成功するための統計法ノート

発行
2009/04/20
サイズ
B5判
ページ数
86
ISBN
978-4-06-153872-6
本体
1,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

マジックナンバーは「2」!!
今までにない、読めばわかるシンプルな統計本。
論文の作成に必要な具体的なことを見開きで説明。「2」という数字をキーワードに、統計法を生命科学研究の原理に合わせて解説した。

◎本書の特徴◎
・数式をできるだけ使わないで説明。図説化しているのでわかりやすい!
・見開き構成だから見やすい!
・論文を作成する際に役立つチェックリストが付いてる!

目次

序章 本書のポイント 

やさしい直接法 VS むずかしい二重否定法
2の原理 VS 分散分析

第1章 仮説検定をおこなうための基礎を知ろう ‐マジックナンバーは2‐

1.0 仮説検定の概要
1.1 質的データと量的データ
1.2 量的データの規則性(正規分布)
1.3 正規分布の問題点
1.4 実データと標準データ

第2章 生命科学の仮説検定に合わせた統計法

2.1 仮説の多面的な検証
2.2 生命科学の仮説検定
2.3 生命科学の仮説検定に合わせたシンプルな統計法
2.4 2種類の過誤
2.5 やさしい直接法 VS むずかしい二重否定法
2.6 生命科学の合う片側検定 VS 生命科学の合わない両側検定
2.7 2の原理 VS 分散分析
2.8 バラツキがないデータの処理 ‐実データ上での仮説検定‐
2.9 2つの変量の関係
2.10 山型の応答

第3章 統計法を実際に使ってみよう

3.0 t検定のポイント
3.1 独立な2群の平均値を比較する
3.2 データを棒グラフで表す
3.3 母集団が正規分布の時,標準化した平均値の分布はt分布になる
3.4 対照群のバラツキにテスト群のバラツキを加える
3.5 P値で仮説を検定する
3.6 t検定をエクセルで実行する
3.7 対応のある2群の平均値を比較する
3.8 対応のあるt検定をエクセルで実行する

第4章 論文作成のためのチェックリスト

4.1 これまでの章のポイント
4.2 生命科学研究に成功するための統計法チェックリスト
   検定について
   データについて
   特殊な処理について

関連図書