ノーベル賞の生命科学入門 免疫のしくみ

石田寅夫・著

ノーベル賞の生命科学入門 免疫のしくみ

発行
2010/01/30
サイズ
A5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-153870-2
本体
2,400円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

免疫の研究は、どのように発展し、何がどこまでわかったのか?
ノーベル賞受賞者の研究人生を振り返りながら、免疫学の全体像に迫る。

◆本書に登場する主なノーベル賞受賞者
ベーリング、コッホ、メチニコフ、エールリッヒ、カレル、リシェ、ボルデ、エンダース、ポーター、エーデルマン、ヤロー、利根川進、スネル、ベナセラフ、ドーセ、ドハティ、ヘルシュコ、チェハノバ、メダワー、バーネット、イエルネ、ブラムバーグ、プルジナー、モンタニエ、バレシヌシ...

目次

序 章◆免疫のしくみに関する研究の潮流
第1章◆免疫学の誕生
第2章◆ワクチンの開発
第3章◆抗体の化学構造の解明
第4章◆遺伝子工学と細胞工学の応用
第5章◆組織適合抗原の発見
第6章◆臓器移植と骨髄移植
第7章◆細胞性免疫の特異性とそれに関与するユビキチン仲介のタンパク質分解の発見
第8章◆抗体産生理論の動向
第9章◆新しい感染症の病原体の発見
終 章◆免疫研究の将来(現状と将来展望)