ポストゲノムの分子生物学入門

村上康文・編

ポストゲノムの分子生物学入門

発行
2007/05/10
サイズ
A5判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-153856-6
本体
3,500円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
3,500円(税別)

内容紹介

ヒトゲノム解読後の新時代に対応した入門書。分子生物学とバイオテクノロジーの基礎から、ゲノム情報の利用に不可欠なバイオインフォマティクスの実際までをカバーした新時代の入門書。大学のテキストに最適。

目次

第1章 分子生物学の基礎
1.1 セントラルドグマを理解する
1.2 細胞レベルの分子生物学
1.3 個体レベルの分子生物学

第2章 バイオテクノロジーの基礎
2.1 ゲノム解析関連技術
2.2 タンパク質解析
2.3 遺伝学的解析手法

第3章 バイオインフォマティクスの基礎
3.1 ゲノム解析計画
3.2 ゲノム解析情報の活用法
3.3 ゲノムデータベース
3.4 システムバイオロジーの展開
3.5 ゲノム創薬・ゲノム医学の展開