発酵食品学

小泉武夫・編著

発酵食品学

発行
2012/04/01
サイズ
A5判
ページ数
367
ISBN
978-4-06-153734-7
本体
3,800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
3,800円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

21世紀は「発酵の時代」!
さまざまな発酵食品と酒類の文化と歴史から,その製造方法と最新技術まで,
健康機能食品としての「発酵」のすべてを網羅した食品を学ぶ人にとっての必読書。

目次

1 発酵食品と食文化 
2 発酵食品
序 章  「発酵食品」と「酒類」の魅力
  1 章  発酵嗜好飲食品(酒類)
   総 説 
   1.1 清 酒 
1.2 焼 酎
1.3 ビール
1.4 ワイン
1.5 ウイスキー
1.6 ブランデー
1.7 スピリッツ
1.8 リキュール
1.9 その他のお酒
2 章  発酵調味料 
    2.1 味 噌
2.2 醤 油
2.3 食 酢
2.4 みりん
2.5 魚 醤
3 章  その他の発酵食品
3.1 納 豆
3.2 漬 物
3.3 発酵水産品
3.4 発酵乳製品
3.5 パ ン
3.6 その他の発酵食品 甘酒,発酵豆腐
3.7 世界の発酵食品