図説 獣医衛生動物学

今井壯一/藤﨑幸藏/板垣匡/森田達志・著 

図説 獣医衛生動物学

発行
2009/10/20
サイズ
A5判
ページ数
335
ISBN
978-4-06-153731-6
本体
7,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
7,000円(税別)

内容紹介

獣医・畜産関係者必携の書、全面リニューアル!

獣医・畜産分野で問題となる衛生動物の生態・病害・対策について詳しく解説。
殺虫剤などの最新情報はもちろん、豊富な写真や図版も大幅に刷新してパワーアップ。

目次

第1章 総 論
1.1 獣医衛生動物とは
 1.1.1 獣医衛生動物の定義
 1.1.2 獣医衛生動物を構成する動物群
1.2 獣医衛生動物による害
 1.2.1 直接的な害
 1.2.2 間接的な害
1.3 獣医衛生動物の防除
 1.3.1 防除法概説
 1.3.2 殺虫剤等概説

第2章 軟体動物
2.1 分類と一般形態
 2.1.1 腹足綱の分類
 2.1.2 腹足綱の一般形態
2.2 生 態
2.3 防除(対策)
 2.3.1 淡水生貝
 2.3.2 陸生貝
2.4 衛生動物として重要な軟体動物
 2.4.1 陸生貝
オナジマイマイ,ウスカワマイマイ,ミスジマイマイ,ヒダリマキマイマイ,アフリカマイマイ,ナメクジ,コウラナメクジ,ヤマホタルガイ
 2.4.2 淡水生貝
ヒメモノアラガイ,モノアラガイ,コシダカモノアラガイ,サカマキガイ,ヒラマキミズマイマイ,ヒラマキガイモドキ,ミヤイリガイ,カワニナ,マメタニシ,マルタニシ,スクミリンゴガイ,ホラアナミジンニナ
 2.4.3 汽水生貝
ムシヤドリカワザンショウガイ,ヘナタリ

第3章 節足動物
3.1 節足動物概説
 3.1.1 分類と一般形態
     A. 分 類
     B. 起源と進化
     C. 一般形態
 3.1.2 生 態
     A. 変態と産卵
     B. 食性と吸血性
     C. 節足動物における宿主・寄生体関係
     D. 寄生様式
3.2 ダニ類概説
 3.2.1 分 類
     A. 気門を用いる分類
     B. Evansらの分類
 3.2.2 一般形態
 3.2.3 生 態
     A. 発育(脱皮と変態)
     B. 食 性
3.3 衛生動物として重要なダニ類
 3.3.1 マダニ類
フタトゲチマダニ,ツリガネチマダニ,キチマダニ,タカサゴキララマダニ,ヤマトマダニ,シュルツェマダニ,オウシマダニ,クリイロコイタマダニ,ナガヒメダニ
 3.3.2 その他のダニ類
     A. 中気門類
ワクモ,トリサシダニ,イエダニ,ネズミトゲダニ,イヌハイダニ,ハエダニ,ミツバチヘギイタダニ
     B. 前気門類(ツツガムシ類)
イヌツメダニ,ウサギツメダニ,ホソツメダニ,イヌニキビダニ,ハツカネズミケモチダニ,ツツガムシ類
     C. 無気門類(ヒゼンダニ類)
      a. コナダニ類
ケナガコナダニ
      b. ヒゼンダニ類
センコウヒゼンダニ,ネコショウセンコウヒゼンダニ,トリアシヒゼンダニ,ウサギキュウセンヒゼンダニ,ヒツジキュウセンヒゼンダニ,ショクヒヒゼンダニ,ミミヒゼンダニ,
ニワトリウモウダニ,フエダニ,モルモットズツキダニ,ネズミスイダニ
     D. 隠気門類(ササラダニ類)
3.4 昆虫類概説
 3.4.1 分 類
 3.4.2 一般形態
 3.4.3 生 態
     A. 発育(脱皮と変態)
     B. 食 性
     C. 寄生様式
     D. 寄生の目的
3.5 衛生動物として重要な昆虫類
 3.5.1 シラミ類,ハジラミ類
     A. シラミ類
ブタジラミ,ウシジラミ,ケブカウシジラミ,ウシホソジラミ,イヌジラミ,ヒトジラミ,ケジラミ
     B. ハジラミ類
ニワトリオオハジラミ,ウシハジラミ,ゾウハジラミ,イヌハジラミ
 3.5.2 カメムシ類(半翅類)
トコジラミ,サシガメ
 3.5.3 ノミ類(隠翅類)
ネコノミ,イヌノミ,ヒトノミ,ニワトリフトノミ,ケオプスネズミノミ,ヨーロッパネズミノミ,ヤマトネズミノミ,メクラネズミノミ,スナノミ
 3.5.4 双翅類(ハエ類)
     A. カ 類
シナハマダラカ,アカイエカ,ヒトスジシマカ,トウゴウヤブカ,キンイロヤブカ
     B. ヌカカ類
ニワトリヌカカ,セマダラヌカカ,ウシヌカカ
     C. ブユ類
ツメトゲブユ,ヒメアシマダラブユ,ウマブユ,キアシオオブユ
     D. チョウバエ類
オオチョウバエ,サシチョウバエ
     E. アブ類
キンメアブ,クロキンメアブ,ウシアブ,アカウシアブ,シロフアブ,キスジアブ,イヨシロオビアブ,ホルバートアブ,コウカアブ,ハナアブ
     F. イエバエ類,クロバエ類,ニクバエ類
イエバエ,クロイエバエ,ノイエバエ,ウスイロイエバエ,オオイエバエ,ヒメイエバエ,セジロハナバエ,オオクロバエ,ケブカクロバエ,ミドリキンバエ,センチニクバエ
     G. サシバエ類
サシバエ,ノサシバエ,ツェツェバエ
     H. ショウジョウバエ類
マダラメマトイ
     I. ウマバエ類,ウシバエ類,ヒツジバエ類
ウマバエ,アトアカウマバエ,ムネアカウマバエ,ゼブラウマバエ,ウシバエ,キスジウシバエ,ヒツジバエ
     J. シラミバエ類
ヒツジシラミバエ
     K. ゴキブリ類
チャバネゴキブリ,クロゴキブリ,ワモンゴキブリ
     L. 食品・飼料害虫
コクヌストモドキ,ノコギリヒラタムシ,コナナガシンクイ,ノシメマダラメイガ,ヒラタチャタテ
     M. 有毒昆虫
アオバアリガタハネカクシ,シバンムシアリガタバチ,ドクガ,チャドクガ
3.6 その他の節足動物
 3.6.1 クモ類
セアカゴケグモ,カバキコマチグモ
 3.6.2 ムカデ類・ヤスデ類
トビズムカデ,ゲジ,ヤケヤスデ,アカヤスデ
 3.6.3 甲殻類
オカダンゴムシ,ワラジムシ,イカリムシ,カリグス,サルミンコラ,チョウ,モクズガニ,サワガニ,アメリカザリガニ

第4章 その他の衛生動物
4.1 舌虫類
      主要な舌虫類
イヌシタムシ,ポロケファリッド舌虫類
4.2 コウガイビル
    衛生動物としての意義をもつコウガイビル
クロイロコウガイビル,オオミスジコウガイビル
4.3 ハリガネムシ
       衛生動物としての意義をもつハリガネムシ
ニホンザラハリガネムシ,オカダハリガネムシ
4.4 脊椎動物
       衛生動物としての意義をもつ脊椎動物
     A. 魚類
モツゴ,モロコ類,バラタナゴ,ヤリタナゴ,カムルチー,ドジョウ,シラウオ,サクラマス
     B. 爬虫類
ハブ,ニホンマムシ,ヤマカガシ,シマヘビ
     C. 哺乳類
クマネズミ,ドブネズミ,ハツカネズミ,アカネズミ,ヒメネズミ,ハタネズミ

付録1 衛生動物分類表
付録2 学名と普通名
付録3 節足動物の処理と標本の作成
付録4 衛生動物標本の送付方法
付録5 参考書
付録6 病害・宿主別主要節足動物

和文索引
欧文索引