イラストでみる犬の病気

小野憲一郎/今井壯一/多川政弘/後藤直彰/安川明男・編

イラストでみる犬の病気

発行
1996/07/01
サイズ
A4判
ページ数
164
ISBN
978-4-06-153710-1
本体
4,400円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
4,400円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

犬はどのような病気にかかるのだろうか。治るのだろうか。日常的によくみられる犬の病気を、オールカラーのイラストと写真320点で図解。犬の病気について、獣医師から説明をうけるとき十分にその内容が理解できるように解説した。原因・特徴・症状を中心に説明してあり、特に好発犬種や雌雄差、年齢差などにもふれてある。獣医師、動物看護士(AHT)はもとより、獣医師から犬の病気について説明をうける飼い主にも必携の画期的な書である。

目次

0 はじめに
  1.犬のからだ(骨格系と内臓系)
  2.からだの各部の名称
1 脳・神経の病気
2 眼の病気
3 循環器の病気
4 呼吸器の病気
5 消化器の病気
6 泌尿器の病気
7 生殖器の病気
8 骨の病気
9 血液の病気
10 内分泌・代謝性の病気
11 寄生虫病
12 皮膚の病気
13 その他の病気
14 索引