生命体システムにおけるアポトーシス

勝木元也/長田重一・編

生命体システムにおけるアポトーシス

発行
1995/11/01
サイズ
A5判
ページ数
146
ISBN
978-4-06-153643-2
本体
3,689円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

生物の形づくりや器官形成、神経系や免疫系の複雑なネットワークの構築に不可欠な“細胞の自殺”アポトーシス。その生物学的意義から分子機構までを第一線の研究者が豊富な図版を用いてわかりやすく解説。

目次

1 発生過程におけるプログラム細胞死
2 線虫の発生と細胞死――変異体による解析
3 自爆遺伝子の世界――細胞社会の生と死
4 細胞生存・細胞死の細胞社会的調節
5 bcl-2によるアポトーシスの抑制的調節
6 Fasを介したアポトーシスの分子機構