医学・生物学領域の走査電子顕微鏡技術

田中敬一・編

医学・生物学領域の走査電子顕微鏡技術

発行
1992/02/10
サイズ
A5判
ページ数
288
ISBN
978-4-06-153618-0
本体
11,650円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

走査電顕を扱う技法の進歩に伴い、数十万倍という高倍率での検鏡や水を含んだ試料も検鏡可能になってきた。本書は最新の走査電顕操作法を、細胞、微生物、生体高分子などの試料別に解説。また特殊SEM法も詳説した。

目次

1 試料作製の基本操作
  1.固定・脱水・観察面剖出法
  2.乾燥法
  3.導電法
  4.導電染色法(その2)

2 試料別応用
  1.細胞、組織、器官の表面観察
  2.細胞内構造剖出法
  3.遊離細胞観察法
  4.結合組織除去法
  5.結合組織観察法
  6.脈管鋳型作製法
  7.微生物観察法
  8.生体高分子観察法
  9.その他の試料

3 特殊SEM法
  1.反射電子観察法
  2.カラー走査電顕写真作製法
  3.低倍率観察法
  4.ステレオ観察法
  5.凍結走査電顕法
  6.低真空走査電顕法
  7.陰極蛍光観察法

4 SEM装置と操作
  1.装置の概略と種類
  2.操作の実際