白血球と生体防御

水上茂樹/竹重公一朗/柿沼カツ子・編

白血球と生体防御

発行
1990/12/20
サイズ
A5判
ページ数
280
ISBN
978-4-06-153613-5
本体
5,631円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

白血球のうち殺菌作用をもつ食細胞に焦点をあて、その基本的な生体防御機構としての食作用について解説。食細胞の運動、代謝、活性化、病態などについてまとめてある。

目次

1 序論

2 白血球の形態と分化
  1.微細構造
  2.増殖と分化

3 白血球の運動
  1.運動の機構
  2.走化性
  3.食作用

4 白血球の代謝
  1.生化学的性質
  2.活性酸素生成
  3.活性酸素と化学発光
  4.活性酸素生成酵素系

5 白血球の活性化
  1.イノシトールサイクル
  2.アラキドン酸代謝
  3.細胞レベルでの活性化機構
  4.無細胞系での活性化

6 白血球と病態
  1.殺菌
  2.組織の傷害
  3.血管外遊走
  4.白血球の遺伝性疾患