分子から見た脳

川合述史・著

分子から見た脳

発行
1994/06/20
サイズ
A5判
ページ数
222
ISBN
978-4-06-153534-3
本体
3,890円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

生命科学最大の謎、脳の機能を分子で解明。脳の伝達物質とその受容体の分子機構から、脳の病気や記憶・学習などの高次機能までをダイナミックに解説。医・薬・生物系大学生、研究者に向けた待望の入門書。

目次

1 脳の伝達物質と受容体
2 アセチルコリン――伝達物質の老舗
3 グルタミン酸――脳内最大のシェア
4 GABAとグリシン――抑制の代表
5 生理活性アミン――感情を支配する分子
6 伝達物質のトランスポーター――情報分子の運び屋
7 細胞内情報伝達系――裏舞台で活躍する分子群
8 イオンチャンネルとそのスーパーファミリー
9 神経毒――神経系研究の切り札
10 記憶と学習――脳の最大の謎に迫る
11 麻薬・覚醒剤――薬効の明暗
12 脳の病気と分子遺伝学――急速に進展する分野
13 分子神経学の実験方法