つい誰かに教えたくなる人類学63の大疑問

日本人類学会教育普及委員会・監 中山一大/市石博・編

つい誰かに教えたくなる人類学63の大疑問

発行
2015/11/24
サイズ
A5判
ページ数
191
ISBN
978-4-06-153451-3
本体
2200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2200円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

「ヒトはイヌより鼻がいい?」
「彼の体臭はなぜセクシーなの?」
「デブと下戸は進化の最先端?」

本書は、素朴な疑問を通して自然人類学の最新成果を紹介しています。すなわち「ヒトとは何か?」にせまる読み物です。本書を読み進めると、ヒトのユニークさや、ほかの動物たちとの共通点が明らかになっていきます。また、わたしたちはまだまだ自分たちのことを理解できていない、ということに気づかされます。

さあ、学校では教えてもらえなかった、「生き物としてのヒト」について学んでみましょう。あなたも誰かに教えたくなる知識が、見つかるはずです!

目次

第1章 世界を変えるサル? ―環境適応と環境改変
Q02 チベット高原のような高山に住んでいる人たちは、高山病にならないのでしょうか?
Q06 HIVはもともとチンパンジーがもっていたというのは本当ですか?
Q07 これまでにたくさんの生物種が絶滅してきましたが、このような自称にヒトはかかわっているのですか?
など

第2章 太って生き残る? ―栄養の獲得と代謝
Q11 「ヒトは進化して太りやすくなった」といわれていますが、本当ですか?
Q12 南太平洋にはイモばかり食べて暮らしている人々がいます。タンパク質不足にはならないのですか?
Q16 人類はいつ頃から肉食をはじめたのですか?
など

第3章 裏切り者は許さない? ―感覚、知能、そして行動
Q25 ヒトの脳はなぜ大きくなったのですか?
Q30 ヒトはなぜメイク(化粧)をするようになったのでしょうか?
Q31 ヒト以外に、道具を作成して利用する霊長類はいますか?
など

第4章 子育ては大変だ! ―繁殖戦略と家族の進化
Q33 異性の好みはどのように決まっているのでしょうか?
Q37 ヒトとほかの動物では、子育てのしかたにどんな違いがありますか?
Q39 ヒトの祖先の婚姻システムはどのようなものだったのでしょうか?
など

第5章 多様性こそ力(パワー)! ―ゲノムと遺伝
Q42 遺伝する病気はなぜ淘汰されなかったのでしょうか?
Q46 古代の人骨からDNAの情報を得ることはできますか?
Q49 ヒトの進化において、ABO式血液型には何か意味があったのでしょうか?
など

第6章 わたしたちはどこからきた何者か? ―人類の進化と系統
Q54 ヒトの祖先はなぜ直立二足歩行するようになったのですか?
Q59 ネアンデルタール人はなぜ絶滅してしまったのでしょうか?
Q63 日本人の祖先は、いつ頃、どこからきた、どのような人たちだったのでしょうか?
など