好きになる分子生物学分子からみた生命のスケッチ

萩原清文・著
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる分子生物学分子からみた生命のスケッチ

発行
2002/12/01
サイズ
A5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-153434-6
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,000円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

すごーくよくわかる、分子生物学の入門書

酵素の働きから、DNA複製のしくみ、遺伝子治療まで。複雑な分子生物学の世界を、ユニークなイラストで明快に解説。

「息をとめると苦しいのはなぜ?」
「肥満ってどうしてなるの?」
「がんは遺伝するの?」
さまざまな生命現象を分子の視点で解き明かします

目次

序曲 分子から見た生命のスケッチ

第1部 タンパク質の分子生物学
第1幕 細胞という劇場
第2幕 タンパク質の姿
第3幕 タンパク質の働きぶり
第4幕 呼吸の物語
第5幕 情報伝達の物語
第6幕 情報伝達の異常としての病気

第2部 遺伝子の分子生物学
第7幕 DNAの姿
第8幕 DNAを複製する
第9幕 遺伝子からタンパク質へ
第10幕 遺伝子を編集する
第11幕 遺伝子の読み取りの調節
第12幕 発生の分子生物学
第13幕 遺伝子の分子生物学と医療との接点
第14幕 がんの分子生物学

ミニ遺伝学事典