固体電気化学実験法入門

水田進/脇原將孝・編

固体電気化学実験法入門

発行
2001/03/30
サイズ
A5判
ページ数
252
ISBN
978-4-06-153399-8
本体
4,500円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

酸化物、セラミクス電子材料合成の実用書。固体化学の最新の成果である電池関連技術と、それを支える基礎学問を実験法の観点から具体的に解説した。わが国の第一人者の執筆陣による体系的専門書。

目次

第0章 序論
はじめに/実験を始めるにあたって

第1章 熱力学計算の基礎
はじめに/相律と相平衡/独立な変数(成分)の求め方/化学平衡/溶体の熱力学/多成分系の相平衡/おわりに

第2章 組成状態図の作製法
はじめに/構成成分のとり方と相律/粉末X線回折分析を用いた固相間の相境界組成の決め方/液相線と不変反応温度/二元系状態図の作製/三元系状態図の作製/おわりに

第3章 金属酸化物の格子欠陥
はじめに/酸化物(MO)の欠陥構造/複合酸化物における格子欠陥/おわりに

第4章 拡散
固体の中で起こるさまざまな拡散現象/拡散はどのようにして起こるのか:ミクロな拡散機構/ミクロな拡散機構を巨視的なさまざまな拡散現象に結びつける:拡散現象の定式化/種々の拡散現象の測定法と各種拡散係数

第5章 固体化学のための合成法
はじめに/理論から見る固体間反応/試料合成/代表的な試料合成法/焼結/液相を介した合成プロセスを用いた薄膜作製法/おわりに

第6章 結晶構造解析
はじめに:固体材料化学における結晶構造解析の意義/結晶についての基礎的なこと/実際のX線回折測定について/X線回折パターンの解析方法/中性子回折について/電子回折,特に収束電子回折について

第7章 固体の熱分析
熱分析とは/熱重量測定/示差熱分析/示差走査熱量測定/雰囲気制御

第8章 イオン導電体/混合導電体の導電率測定
はじめに/導電率測定を始める前に/全導電率の測定/部分伝導率の測定/おわりに

第9章 リチウム二次電池実験法入門
はじめに/リチウム二次電池の動作原理/リチウム二次電池の構成要素/実験法/電池反応の解析/おわりに

第10章 固体電解質燃料電池の電極反応の測定法
固体酸化物燃料電池(SOFC)の概要/固体電解質上の電極での分極に関する考え方/分極測定の実際/分極データの解析/おわりに