フッ素の化学

北爪智哉/田口武夫/石原孝・著

フッ素の化学

発行
1993/05/10
サイズ
A5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-153355-4
本体
5,340円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

フッ素科学の歴史と地球環境から有機化学的合成法、選択性発現の機構、医薬品への応用までを解説。NMRや液晶、光学活性、さらには理論計算など最新の情報を網羅。

目次

1 序論
  1.フッ素とはどのようなものか
  2.フッ素科学の歴史的な流れ
  3.クロロフルオロカーボンと地球環境
  4.分子内のフッ素の効果
  5.フッ素化合物と理論計算
  6.19F-NMR

2 有機フッ素化合物の構築法
  1.炭素-フッ素結合形成反応
  2.炭素-炭素結合形成反応

3 有機フッ素合成における方法論
  1.フッ素置換エノラートの発生と反応
  2.リン元素の特性を利用する合成方法

4 選択性の発現
  1.フッ素系光学活性体の調製における問題点
  2.有機化学的手法に基づく調製方法
  3.光学分割による調製方法
  4.光学活性体の機能性材料への展開

5 医学・薬学への応用
  1.はじめに
  2.有機フッ素化合物の特異的性質と生理活性
  3.含フッ素生体関連物質
  4.含フッ素医薬品
  5.人工血液