多核NMR入門状態分析へのアプローチ

宗像惠/北川進/柴田進・著

多核NMR入門状態分析へのアプローチ

発行
1991/06/20
サイズ
A5判
ページ数
334
ISBN
978-4-06-153331-8
本体
6,311円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

非金属、金属核NMRの基礎と応用の解説書。前半は錯体化学、金属核NMRへの理解を深め、後半では測定可能な全核種のスペクトル例、測定条件、化学シフト範囲を網羅。実用性に重点を置いた決定版。

目次

巻頭言
記号表
略号表(多核種NMR配位子・溶媒)

1 序章
  1.多核種NMRとは
  2.NMRにおける検出感度

2 金属核NMRを理解するために―錯体化学の基礎
  1.配位結合と錯体の生成
  2.配位原子と配位子
  3.配位数と立体構造
  4.配位化合物の異性現象
  5.結晶場理論
  6.配位子場理論
  7.配位子置換反応
  8.遷移金属錯体の磁性
  9.安定度定数
 10.硬い酸と柔らかい酸
 11.18電子則

3 高分解能多核種NMRから得られる情報
  1.化学シフト
  2.スピン―スピン結合定数
  3.緩和時間
  4.金属核NMRの特徴
  5.非金属核NMRの特徴
  6.固体高分解能NMR

4 多核種NMR測定の基礎
  1.多核種用のNMRスペクトロメーター
  2.試料の調製
  3.測定法
  4.測定上の諸注意
  5.多核種測定に特徴的な諸問題
  6.特殊測定

5 多核NMRスペクトルの実際
  1.アルカリ金属(Li、Na、K、Rb、Cs)
  2.アルカリ土類金属(Be、Mg、Ca、Sr、Ba)
  3.3族および希土類元素(Sc、Y、Laなど)
  4.4族(Ti、Zr、Hf)
  5.5族(V、Nb、Ta)
  6.6族(Cr、Mo、W)
  7.7族(Mn、Tc、Re)
  8.8族(Fe、Fu、Os)
  9.9族(Co、Rh、Ir)
 10.10族(Ni、Pd、Pt)
 11.11族(Cu、Ag、Au)
 12.12族(Zn、Cd、Hg)
 13.13族(B、Al、Ga、In、Tl)
 14.14族(Si、Ge、Sn、Pb)
 15.15族(N、P、As、Sb、Bi)
 16.16族(O、S、Se、Te)
 17.17族(F、Cl、Br、I)

6 状態分析へのアプローチ
  1.溶液化学
  2.錯体化学
  3.金属タンパク質
  4.有機金属
  5.金属クラスターおよび多核錯体
  6.高分子
  7.材料・新素材
  8.ゼオライト
  9.医薬品
  10.医学

付録