最新コロイド化学

北原文雄/古沢邦夫・著

最新コロイド化学

発行
1990/10/20
サイズ
A5判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-153328-8
本体
5,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

工業的に広く扱われているコロイドは、最近になって先端材料分野での応用がめざましい。本書では超薄膜、磁性材料、セラミックス焼結材料、人工血液材料など多岐にわたる最新の話題にふれた。

目次

1 コロイド分散系の調製と物性
  1.分散系の程度と生成法概論
  2.単分散コロイド粒子の生成
  3.超微粒子
  4.高分子ミクロスフェアーの生成
  5.複合微粒子の生成
  6.分子集合体としてのコロイド系

2 表面間力とコロイドの安定性
  1.コロイド粒子の帯電と分散・凝集
  2.ヘテロ凝集
  3.界面活性剤の分散・凝集作用
  4.高分子の吸着と分散・凝集作用
  5.非水分散系の安定性
  6.表面間力の直接測定

3 実験手法
  1.実験法概論
  2.界面動電現象
  3.レオロジー測定
  4.静的および動的光散乱法
  5.SAXS、EXAFS――X線を利用する方法

4 応用
  1.応用概論
  2.浮遊選鉱
  3.磁性流体
  4.エマルション製品
  5.バイオコロイド:その界面電気化学的研究
  6.エネルギー関連製品