化学の法則45話

北原文雄/竹内敬人・著

化学の法則45話

発行
1989/05/20
サイズ
B6判
ページ数
182
ISBN
978-4-06-153315-8
本体
1,845円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

法則の歴史・意義・応用等を解いた副読本。質量保存則からフロンティア軌道理論まで、化学の重要な法則や理論を取り上げ、歴史的発展、意義、実際的応用等を一話ずつ平易に解説。学生向け解説書としてユニーク。

目次

I.基礎となる化学理論

A 化学の古典
  1.質量保存則
  2.定比例の法則
  3.倍数比例の法則
  4.気体反応の法則
  5.原子説
  6.アボガドロの法則
  7.ボイル-シャルルの法則
  8.分圧の法則
  9.ヘンリーの法則
  10.プラウトの仮説
  11.デュロン-プチの法則
  12.グレアムの法則
  13.ファラデーの法則
  14.ヘスの法則
  15.周期律

B 物理化学の誕生
  16.オクテット則
  17.ジュール-トムソン効果
  18.酸・塩基の理論
  19.電離説
  20.ラウールの法則
  21.ファントホッフの法則
  22.希薄溶液の理論
  23.速度則
  24.ルシャトリエの原理
  25.質量作用の法則
  26.ファントホッフの式

II.構造、量子論とその周辺
  27.ブラッグの法則
  28.ボーアの理論
  29.モーズリーの法則
  30.構成原理
  31.共鳴理論
  32.ヒュッケル則
  33.フロンティア軌道理論

III.物性、熱力学・速度論とその周辺
  34.熱力学第一法則
  35.熱力学第二法則
  36.相律
  37.クラペイロン-クラウジウスの式
  38.ギブズ-ヘルムホルツの式
  39.ネルンストの式
  40.熱力学第三法則
  41.デバイ-ヒュッケルの理論
  42.気体分子運動論
  43.アレニウスの式
  44.衝突説
  45.遷移状態理論