放射光ユーザーのための検出器ガイド原理と使い方

日本放射光学会・監修 岸本俊二/田中義人・編

放射光ユーザーのための検出器ガイド原理と使い方

発行
2011/09/30
サイズ
A5判
ページ数
262
ISBN
978-4-06-153276-2
本体
5,500円(税別)
在庫
在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

測定原理、装置構成から実際の測定例までを余すところなく解説した専門書。

経験者はもちろん、初心者のための入門書としても最適です。

大学での講義や、講習会でのテキストとしてもお薦めの1冊。

目次

第I部 概論
 1 放射光利用実験に用いられる検出器の基礎
第II部 光の強度を測る
 2 電離箱
 3 シリコンフォトダイオード
 4 フィルム線量計
第III部 エネルギーを測る
 5 半導体検出器
 6 極低温超伝導検出器
第IV部 光の数を測る
 7 アバランシェフォトダイオード
 8 シンチレーション検出器
第V部 タイミングを測る
 9 X線ストリークカメラ
 10 高速フォトディテクタ
 11 マイクロチャンネルプレート
第VI部 イメージを写す
 12 CCD検出器
 13 イメージングプレート
 14 ピクセルアレイ検出器とフラットパネル検出器
第VII部 信号を処理する
 15 アナログ回路系
 16 デジタル回路系
付録A 検出器の特性を表すパラメータ
付録B 放射光利用実験に関連する単位系と接頭語
付録C 基礎物理定数