「ファインマン物理学」を読む力学と熱力学を中心として

竹内薫・著

「ファインマン物理学」を読む力学と熱力学を中心として

発行
2005/05/10
サイズ
A5判
ページ数
174
ISBN
978-4-06-153256-4
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,000円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

読んでおきたい物理の名著
天才は何を知り、何を伝えようとしたのか?

さて、本書は『ファインマン物理学』の全貌を読み解きながら希有の天才物理学者リチャード・ファインマンの「思想」に迫るのが目的だ。量子力学・相対性理論の巻と電磁気学の巻に続いて、本書では、力学・熱力学とその他の話題を扱うことにした。もっとも、その他の話題といっても、実は、「その他」とは言い難い。現代物理学・エンジニアリングの最前線で活発な研究が行なわれている量子コンピュータや、進展著しい宇宙論と密接に関連した一般相対性理論などがファインマン流にどのように料理されるのかをご紹介したいのである。目からウロコが落ちる、という言葉があるが、ファインマン先生の講義の数々は、独創的な科学思想に裏打ちされているために、まさに驚きと感動の連続なのだ。――<まえがきより>

目次

第1章 時間+空間+力=力学
第2章 熱力学の存在意義
第3章 ファインマンの知恵袋――ミセレーニア