Mathematicaでみる数理物理入門 (1)

阿部寛・著

Mathematicaでみる数理物理入門 (1)

発行
1994/12/20
サイズ
B5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-153215-1
本体
3,786円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

物理の概念と数学が一挙に理解できる参考書。強力なグラフィック機能をもつMathematicaを使った簡単なプログラミングと例題により物理と数式のイメージが無理なく理解できる。第2巻は古典力学、確率論など。

目次

0 はじめに

1 ベクトルと行列
  1.ベクトルと行列
  2.行列演算
  3.固有値と固有値問題

2 微分方程式
  1.関数の連続と微分可能性
  2.平均値の定理
  3.Taylor級数とMaclaurin級数
  4.べき級数による関数の展開
  5.常微分方程式のべき級数による解
  6.超幾何微分方程式
  7.Laplace変換による常微分方程式の解

3 古典力学
  1.質点とニュートン力学
  2.角運動量と角速度
  3.質点系の力学
  4.仮想変位とラグランジュの方程式
  5.Hamiltonの原理とHamiltonの正準方程式
  6.剛体の運動
  7.微小振動の理論

4 ベクトル場の理論
  1.スカラー関数のグラディエント
  2.ベクトル関数のダイバージェンスとローテーション
  3.ベクトル関数のグラディエントとラプラシアン
  4.線積分と表面積分
  5.Greenの定理のStokesの定理
  6.変数変換
  7.電磁場への応用