物理数学ノート 2

高橋康・著

物理数学ノート 2

発行
1993/12/01
サイズ
A5判
ページ数
156
ISBN
978-4-06-153208-3
本体
2,816円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

定評の物理屋のための鷹揚数学ノート第2集。好評の“ノート1”に続く高橋教授の鷹揚数学。2集では量子力学に欠かせない行列・行列式、角運動量、散乱問題と、調和振動子、粒子像、変分法を収載。

目次

0 書斎のすみの紙くずかご

6 行列および行列式
  1.はじめに
  2.行列のかけ算、たし算など
  3.転置行列、直交行列など
  4.エルミート行列、ユニタリー行列など
  5.Pauliスピン行列とΤ行列
  6.2行2列のユニタリー行列
  7.エルミート行列のユニタリー行列の重要な性質
  8.種々の公式
  9.演習問題6

7 角運動量
  1.はじめに
  2.交換関係(1.1)を書き直す
  3.λIやjの可能な値
  4.J+の決定
  5.角運動量の運動
  6.角運動量の合成
  7.Schwingerの角運動量の理論
  8.演習問題7

8 散乱問題
  1.はじめに
  2.方程式(1.1)の積分
  3.散乱問題
  4.収支決算
  5.光学定理を満たすパラメーター
  6.部分波分解
  7.演習問題8

9 調和振動子と粒子像
  1.はじめに
  2.古典論の調和振動子
  3.量子論における調和振動子
  4.Schrodingerの方程式を満たす場
  5.波動方程式を満たす場
  6.Maxwellの場と調和振動子
  7.再びSchrodinger場について(Fermi統計に従う粒子)
  8.場の理論の立場
  9.演習問題9

10 変分法
  1.はじめに
  2.力学における変分原理に関する注意
  3.Euler-Langrangeの方程式
  4.量子力学に出てくる微分方程式
  5.水素原子のエネルギー準位
  6.平衡系の統計力学における変分法
  7.近似方法としての変分法
  8.散乱問題における変分法
  9.演習問題10