コンピュータでみる固体の中の電子バンド計算の基礎と応用

和光信也・著

コンピュータでみる固体の中の電子バンド計算の基礎と応用

発行
1992/12/01
サイズ
A5判
ページ数
214
ISBN
978-4-06-153207-6
本体
4,369円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

物質科学に必須のバンド理論の入門書。前半では金属結晶の電子状態についての基礎を、後半では遷移金属や合金、酸化物などのバンド計算の実際と結果の見方を解説する。

目次

 1 波動
  1.波動の力学
  2.シュレーディンガー方程式
  3.固有値問題

 2 原子の波動関数
  1.解析的解法
  2.数値計算による解法
  3.球面調和関数

 3 自由電子系
  1.自由電子
  2.波数ベクトル
  3.フェルミ・レベル

 4 多体系のポテンシャル
  1.ハートリー近似
  2.ハートリー・フォック近似
  3.ハートリー・フォック・スレーター近似
  4.局所密度汎関数法

 5 結晶格子と逆格子
  1.結晶格子
  2.格子の点、軸および面の指定
  3.逆格子と第1ブリルアン・ゾーン

 6 結晶ポテンシャル
  1.結晶ポテンシャルのフーリエ成分
  2.1電子有効ポテンシャル

 7 ほとんど自由な電子系
  1.1次元格子
  2.2次元格子
  3.3次元格子

 8 dバンド
  1.LCAO法の基礎
  2.dバンドのエネルギー
  3.dバンドの固有関数

 9 バンド計算法
  1.平面波法
  2.OPW法
  3.偽ポテンシャル法
  4.APW法
  5.セル法
  6.LCAO法
  7.KKR法

10 APW法
  1.APW方程式
  2.単位胞に複数の原子がある場合
  3.LAPW法
  4.対数微分

11 バンド計算の実例
  1.ナトリウム
  2.アルミニウム
  3.銅
  4.クロム
  5.鉄
  6.ニッケル
  7.反強磁性クロム
  8.Ni3Ga
  9.Nb3O3
 10.超伝導物質
 11.相対論的APW法
 12.おわりに バンド計算から求められるいろいろな物理量の例