ニュートリノ論争はいかにして解決したか“太陽ニュートリノ問題”から物質の究極へ

桜井邦朋・著

ニュートリノ論争はいかにして解決したか“太陽ニュートリノ問題”から物質の究極へ

発行
2010/07/30
サイズ
四六判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-153138-3
本体
2,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

ニュートリノは、どこへ消えたのか?

“幽霊粒子”ニュートリノとはどのような粒子なのか? カミオカンデは何を見つけたのか? “太陽ニュートリノ問題”とは何だったのか? この不思議な粒子をめぐって議論を戦わせた科学者たちの軌跡を、研究の最前線から活写する。

目次

第1章 ニュートリノ、この不思議な素粒子
第2章 ニュートリノを捕まえる──デーヴィスの試み
第3章 太陽とはどのような星か──"ニュートリノのゆりかご"の素顔
第4章 消えたニュートリノ──太陽からの観測結果
第5章 間違っているのは物理学か、太陽か──太陽ニュートリノ問題
第6章 世界各地で始まった努力――日本、カナダ、アメリカ、ロシア......
第7章 "ニュートリノ振動"が解き明かした謎
第8章 ニュートリノの物理的性質を見直す
第9章 太陽ニュートリノ問題は解決したか
第10章 ニュートリノはどこから来て、どこへ行くのか