「理科」「数学」が好きになる 楽しい数理実験

高木隆司・著

「理科」「数学」が好きになる 楽しい数理実験

発行
2008/06/20
サイズ
A5判
ページ数
190
ISBN
978-4-06-153137-6
本体
2,400円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

シャボン膜、折り紙、万華鏡、サイコロ、チンゲンサイ、ヒマワリ、オーム貝等、身近なものを使って、楽しんでいるうちに、「理科大好き」「数学大得意」の先生・子供になれる本です。

国民の理数教育の充実が叫ばれている昨今、
◆ 小・中・校生徒諸君の自由研究に、
◆ 親子で楽しむ遊び・実験に、
◆ 理科・数学を教える先生方の授業のヒントに、

純粋に数理実験を愛好する方々の楽しみに、是非お勧めしたい本です。

目次

第1章 「ねじれ」と「くびれ」――シャボン膜のトポロジー
第2章 折り紙は天才である――折りと角度の幾何学
第3章 万華鏡と手まり――鏡でつくる立体図形
第4章 シャボン玉と縄張り――平面敷きつめと分割
第5章 ハチの巣とケルビン立体――空間をうめつくすには?
第6章 サイコロと酔っぱらい――でたらめを実験する
第7章 アルキメデスとオーム貝とヒマワリと――いろいろならせんを描く
第8章 美の中の数理――黄金比をさがそう