理系のための上手な発表術

諏訪邦夫・著

理系のための上手な発表術

発行
2005/04/30
サイズ
A5判
ページ数
165
ISBN
978-4-06-153127-7
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

コツさえつかんで練習すれば、だれでも必ずうまくなる!ゼミでも国際学会でも、どんと来い!

すぐに使えるたくさんの実例を挙げながら、あなたの発表を確実に上達させる方法を、経験豊富な著者が教えます。初めての人にも必ず役立つ発表術指南書。

研究結果を発表するのは、学生や大学院生にも、また企業や学術機関で活躍する研究者にも、いわば日常行為です。そういう人々にとって、発表の手腕を磨きたいという願望は大きいはずです。しかし、発表の方法を系統立てて教えてもらった人はそう多くありません。ほとんどの人にとって、発表技術を向上させる数少ない手がかりは、周囲から耳に入る断片的な知識と発表の現場での試行錯誤だけというのが現状です。こうした回り道をすることなく、もう少し系統的に学ぶことはできないかという構想のもと、本書ができました。――著者

目次

第1部 発表に才能や話術はいらない
   第1講 発表にやりなおしは効かない
   第2講 いつでも、誰にでも必要な技術
   第3講 発表にたくみな話術はいらない

第2部 「聞いてもらう」ための準備
   第1講 発表の流れの作り方
   第2講 「見せる」スライドを作るには
   第3講 聞いてもらえる文章のコツ
   第4講 練習は奇跡をも生む
   第5講 直前までのチェックの要点

第3部 これで本番はこわくない
   第1講 実例でみるすぐれた「出だし」
   第2講 理論・実験方法の上手な述べ方実例
   第3講 有終の美を飾る考察と結論
   第4講 質疑応答をどう切り抜けるか
   第5講 ビールを飲む前に反省の記録を
   第6講 準備不足をごまかすには

第4部 英語で発表するあなたへ
   第1講 英語発表への基本姿勢
   第2講 発表のための上手な英文とは
   第3講 英文スライドの作り方
   第4講 英語の発表と討論に挑戦