エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング

八田秀雄・著

エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング

発行
2004/03/20
サイズ
A5判
ページ数
158
ISBN
978-4-06-153125-3
本体
1,800円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

すべての運動は有酸素運動である。
試合の途中でバテないために、必要なトレーニングとは何か。クレアチンリン酸が運動の決め手ではないか。ダイエットに有効な運動は何か。新たな見方で運動を考える。

無酸素運動なんてあり得ない。

20分運動しなくても、脂肪は使われているのですか?マラソンで、スパートについていける選手といけない選手の違いは?
運動時に体内がどうなっているのかを、運動生理生化学的に考える。理論的な背景を、実際の運動や競技に即して考える。

目次

第1章 エネルギーを生み出すしくみ
第2章 運動時の糖と脂肪の利用
第3章 すべての運動は有酸素運動である
第4章 運動時の疲労とはどういうことか
第5章 LTからみる持久的運動とトレーニング
第6章 短距離走と球技のトレーニング
第7章 健康のための運動とその効果
第8章 栄養と運動について考えてみる
第9章 エネルギーの元となる栄養素のしくみ
第10章 脂肪とアミノ酸