最新食品学―総論・各論― (第2版)

渡辺忠雄・榎本則行・編

最新食品学―総論・各論― (第2版)

発行
1997/09/10
サイズ
A5判
ページ数
198
ISBN
978-4-06-139787-3
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

ハンディでわかりやすい好評テキスト改訂版。
食品学総論と各論を1冊にまとめ、最新データを盛り込んだハンディなテキスト。今話題の機能性食品、食品の香り、テクスチャー、食生活のあり方についても言及。

目次

1 緒論
  1.食品の種類と分類
  2.食品成分表

2 食品の一般成分
  1.炭水化物
  2.脂質
  3.タンパク質
  4.無機質
  5.ビタミン
  6.核酸
  7.水

3 食品のし好成分およびその他の成分
  1.食品のし好に関する要素
  2.食品の色
  3.食品の味
  4.食品の香り
  5.食品のテクスチャー
  6.食品の官能検査
  7.食品中の有害物質

4 食品の加工、調理による変化
  1.食品中のタンパク質の変化
  2.食品中のデンプンの変化 
  3.食品中の油脂の変化
  4.食品の色の変化
  5.微生物による変化

5 食品各論
  1.植物性食品
  2.動物性食品
  3.食用油脂
  4.コンビニエンス食品
  5.調味料およびし好食品
  6.微生物利用食品、発酵食品

6 これからの食生活
  1.過去の日本人の食生活
  2.食生活に変化をもたらす要因
  3.食物と健康
  4.国際化、自由化の中で
  5.食の高度技術化