バイオプロセス工学計測と制御

海野肇/清水和幸/岸本通雅・著
シリーズ:
生物工学系テキストシリーズ

バイオプロセス工学計測と制御

発行
1997/01/20
サイズ
A5判
ページ数
182
ISBN
978-4-06-139776-7
本体
3,786円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

実験やバイオプロセス構成のために必要なバイオ系計測の手段、結果の処理、利用の際の制御の基礎を体系的に解説。応用数学も簡潔にまとめた技術者にも最適な入門書。

目次

1. バイオプロセス
  1.バイオプロセスの特徴
  2.バイオプロセスの構成
  3.バイオリアクター
  4.バイオプロセスにおける計測と制御

2. バイオプロセスにおける計測
  1.生体触媒の外部環境を支配する計測量
  2.生体触媒およびその内部特性を表す計測量
  3.バイオリアクターの状態把握と操作のための計測量

3. バイオプロセス変数の計測手段
  1.計測機器の構成
  2.計測方法の種類
  3.計測の方法

4. バイオプロセスのモデリングと状態推定
  1.生物反応の数式モデル
  2.バイオリアクターシステムのモデル
  3.統計的手法によるバイオプロセスの状態推定
  4.ファジィ推論によるバイオプロセスの状態推定

5. バイオプロセスの最適化と制御
  1.バイオプロセスの最適化
  2.バイオプロセスの制御

6. 知的制御とその応用
  1.エキスパートシステム
  2.ニューラルネットワーク
  3.遺伝的アルゴリズム

7. バイオプロセスのモニタリングと制御の実際
  1.バイオプロセスの計装
  2.バイオプロセス制御の実際

8. 付録
  1.計測基礎諭
  2.制御基礎手法