生物物理化学

相澤益男/山田秀徳/大倉一郎/宍戸昌彦・著
シリーズ:
生物工学系テキストシリーズ

生物物理化学

発行
1995/03/10
サイズ
A5判
ページ数
206
ISBN
978-4-06-139773-6
本体
3,790円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

生体に関連する物理化学テキストの決定版。タンパク質を中心とする生体高分子の構造、分子量、電気化学的・分光学性質などの基礎科学から機能性タンパク質、分子間相互作用、生体界面等の具体例まで解説。

目次

1 生体高分子の構造
  1.生体を構成する高分子
  2.タンパク質
  3.核酸
  4.多糖類

2 生体高分子の分子量
  1.化学構造からの分子量の計算
  2.質量分析(マススペクトル)による分子量の決定
  3.ゲルろ過
  4.その他の古典的方法

3 生体高分子の電気化学的性質
  1.酸化還元
  2.酸塩基平衡
  3.電気泳動

4 生体高分子の分光学的性質
  1.分子分光学序論
  2.電子スペクトル
  3.蛍光スペクトル
  4.励起状態の相互作用
  5.赤外分光法
  6.核磁気共鳴スペクトル

5 機能性タンパク質
  1.生体分子の熱力学的性質
  2.生体エネルギー
  3.タンパク質の機能
  4.酵素反応とその機構

6 生体分子系の分子間相互作用
  1.分子間相互作用力
  2.脂質分子の会合
  3.超分子の化学へ
  4.酵素および抗体の分子認識

7 生体界面の性質
  1.生体膜透過
  2.膜電位
  3.生体膜の流動性
  4.細胞