公衆衛生学 第2版

竹本泰一郎/齋藤寛・編

公衆衛生学 第2版

発行
1994/03/10
サイズ
A5判
ページ数
230
ISBN
978-4-06-139765-1
本体
2,427円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

健康と病気の成り立ちを総合的に理解し、よりよい保健活動のあり方を考える公衆衛生学の最新テキスト。老人保健、精神保健、環境汚染問題などをさらに充実。

目次

1 公衆衛生学総論
  1. 公衆衛生学の目的
  2. 公衆衛生学の課題

2 疫学
  1. 疫学概論
  2. 感染症の疫学
  3. 成人病の疫学

3 保健統計
  1. 保健統計とは
  2. 保健統計の基本概念
  3. 人工統計
  4. 出生統計
  5. 死亡統計
  6. 生命表と平均余命
  7. り病統計

4 環境と健康
  1. 環境保健総論
  2. 人間と環境
  3. 公害の現状と対策

5 保健活動
  1. 保健活動の原則
  2. 保健活動の組織と機能
  3. 地域保健
  4. 母子保健
  5. 成人・高齢者保健
  6. 精神保健
  7. 学校保健
  8. 産業保健(労働衛生)

6 栄養と食品衛生
  1. 生活行動と栄養
  2. 栄養と健康
  3. 食品衛生

7 社会保障と福祉
  1. 社会保障の概念
  2. 我が国の社会保障の特質
  3. 医療保険制度の仕組み
  4. 出来高払いの診療報酬制度
  5. 年金制度の問題点
  6. 社会福祉
  7. 福祉の課題