機器による医薬品分析

山川浩司/鈴木真言・編 後藤順一/久留正雄/原田健一・著

機器による医薬品分析

発行
1994/05/20
サイズ
A5判
ページ数
274
ISBN
978-4-06-139757-6
本体
5,631円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

薬の体内動態研究に不可欠の分析法を概説。医薬品の分離法、構造解析法、定量法を学部学生向けに解説した。各種機器におけるスペクトルの基礎から、TDMなど臨床分析分野まで、新しい機器分析学を提示。

目次

1 機器による医薬品分析の概説

2 スペクトル法の基礎
  1. 紫外線および可視スペクトル
  2. 赤外吸収スペクトル
  3. 1Hおよび13C核磁気共鳴(NMR)スペクトル
  4. 質量スペクトル
  5. 旋光性と円二色性
  6. X線回折法と分子力学

3 機器による医薬品の分離分析
  1. クロマトグラフ法概説
  2. ガスクロマトグラフ法による分離
  3. 高速液体クロマトグラフ法による分離
  4. その他の分離分析法

4 スペクトルによる医薬品の構造解析法
  1. 未知化合物の分離法と構造解析の手順と手法
  2. スペクトルによる医薬品の構造解析と演習

5 機器による医薬品の定量法と臨床分析への応用
  1. 定量法概説
  2. 医薬品の純度試験および定量
  3. 医薬品代謝産物の研究法
  4. 医薬品の体内動態研究法