工学のための遺伝子工学

掘越弘毅/金澤浩・著
シリーズ:
生物工学系テキストシリーズ

工学のための遺伝子工学

発行
1992/10/01
サイズ
A5判
ページ数
230
ISBN
978-4-06-139753-8
本体
3,790円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

工学系学生のための遺伝子工学テキストの決定版。分子遺伝学の基礎から遺伝子工学の技術・応用まで物質生産に着目して構成。バイオ産業関連の技術者にも最適。

目次

1 遺伝子工学の歴史
  1.遺伝子組換え技術誕生
  2.遺伝組換えがはじまるまで
  3.遺伝子工学
  4.バイオテクノロジー

2 細胞内遺伝子組換え
  1.移動する遺伝子
  2.細菌の接合
  3.形質転換
  4.形質導入

3 試験管内遺伝子組換え
  1.遺伝子の源
  2.遺伝子の切断と回収方法
  3.遺伝子の連結法
  4.宿主とベクター系
  5.遺伝子の増幅とベクターの細胞内導入

4 遺伝子のクローニング
  1.遺伝子ライブラリー
  2.目的遺伝子ベクターを持つクローンのスクリーニング
  3.DNAの塩基配列の決定法
  4.遺伝子の機能やその発現に必要な領域の解析
  5.PCR法によるクローニング遺伝子の増幅合成

5 細胞内または試験管内突然変異
  1.DNA複製の正確さ
  2.DNAの修復
  3.化学変異原
  4.物理的変異原
  5.変異原の利用法
  6.転移による突然変異
  7.試験管内における部位特異的突然変異
  8.アレル置換
  9.細胞内相同組換えによる融合遺伝子の生成

6 外来遺伝子の発現
  1.外来遺伝子の転写
  2.外来遺伝子の翻訳
  3.遺伝子のコピー数の最適化
  4.外来タンパク質の安定性
  5.産物回収の効率化
  6.宿主・ベクター系の選択

7 微生物の改良と新しい生産物
  1.菌株改良のための戦略
  2.細胞内遺伝子組換え技術の応用
  3.試験管内組換えDNA技術の応用
  4.タンパク質工学の応用