プログラム学習 錯体化学

水町邦彦/福田豊・著

プログラム学習 錯体化学

発行
1991/05/10
サイズ
A5判
ページ数
158
ISBN
978-4-06-139745-3
本体
2,427円(税別)
在庫
在庫なし

内容紹介

錯体の立体構造と物性、機能性、溶液内現象の関連性を大学2年生以上を対象に、分かりやすく説明することに徹底した。有機金属も含めて解説し、最新のトピックスを収録した。

目次

1 錯体化学の基礎的事項
  1.原子の諸性質
  2.酸・塩基
  3.分子の立体構造
  4.錯体の命名法

2 錯体の立体構造と異性現象
  1.錯体の構造と対称性
  2.錯体の異性現象
  3.錯体の構造を決定する要因は何か?
  4.ウエルナー錯体と有機金属錯体

3 配位結合と錯体の性質
  1.はじめに
  2.金属イオンの電子配置
  3.結晶場理論
  4.分子軌道法
  5.角重なり模型による構造の推定
  6.錯体の色と吸収スペクトル

4 水溶液内の現象
  1.水和イオン(アクアイオン)の水交換反応
  2.水の交換速度に及ぼす効果
  3.配位子置換反応
  4.平衡定数、生成定数
  5.活量係数、イオン強度
  6.逐次生成定数
  7.錯体の安定度に及ぼす効果

5 トピックスと錯体化学の将来
  1.複核・多核クラスター錯体
  2.混合原子価錯体
  3.異常原子価錯体と配位子の構造
  4.スピンクロスオーバー錯体
  5.ホスト--ゲスト化学と錯体化学
  6.錯体化学から生物無機化学へ