実例パソコン 実験データの整理NEC PC-9800-8800シリーズ

大江修造・著

実例パソコン 実験データの整理NEC PC-9800-8800シリーズ

発行
1986/05/10
サイズ
B5判
ページ数
210
ISBN
978-4-06-139665-4
本体
2,427円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

数値の取扱い、公式のプログラム化、データのグラフ化など、実験データの処理の基本や最小二乗法を中心に、物理化学データの実験式の決定方法、反応速度定数の決定方法を、例題をあげて平易に解説。

目次

1 実験データの処理の基本

  1.数値の取り扱い方法
    1.有効桁数
    2.単精度型と倍精度型
    3.有効桁数の異なる数の計算
    4.整数型変数、単精度型変数、倍精度型変数

  2.公式のプログラム化方法
    1.もっとも簡単な方法
    2.サブルーチンによる方法
    3.公式を定義する方法

  3.分子量計算と分子式表示
    1.化学式の入力による分子量の計算
    2.高分子化合物の分子量
    3.分子式の画面への表示

  4.実験データのグラフ化
    1.検量線のグラフ
    2.元素含有率の円グラフ
    3.実験データの3次元表示

2 物理化学データの実験式の決定

  1.純物質の物理化学的性質
    1.分子の双極子能率
    2.気体の比熱(分子熱)
    3.気体の粘度
    4.気体の熱伝導度
    5.液体の密度
    6.液体の比熱
    7.エントロピー変化
    8.蒸気圧と蒸発潜熱
    9.実在気体のフガシティ係数
   10.液体の蒸発潜熱
   11.液体の粘度
   12.液体の熱伝導度
   13.液体の表面張力

  2.溶液の物理化学的性質
    1.溶液の密度
    2.溶液の屈折率
    3.溶液の混合熱
    4.溶液の粘度
    5.溶液の誘電率
    6.溶液の融点
    7.溶液の活量係数
    8.溶液の相平衡

  3.吸着平衡データ
    1.気体の吸着(その1)
    2.気体の吸着(その2)
    3.気体の吸着(その3)
    4.液体の吸着

3 反応速度定数の決定
  1.一次反応の速度定数
  2.二次反応の速度定数
  3.反応の活性化エネルギー
  4.反応次数の決定

4 実験データの処理に必要な数学の手法
  1.数値計算法
  2.最小2乗法による実験式の作成
  3.非線形実験式の作成
  4.データの補間

5 プログラムリスト