統計力学入門愚問からのアプローチ

高橋康・著

統計力学入門愚問からのアプローチ

発行
1984/12/01
サイズ
A5判
ページ数
284
ISBN
978-4-06-139592-3
本体
2,720円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

物理の中で最も応用が広く、数学的にも多彩な統計力学。それでいて何となく底が深く、人にも聞きにくいという疑問を掘り起こし、懇切に手ほどきした入門書。初学者はもちろん、統計力学の復習のためにも新しい視野を開く。

目次

0 統計力学のあらすじ

1 気体分子運動論
  1.気体の圧力および温度
  2.熱平衡における分子の速度分布
  3.Maxwell分布の実験的裏付け
  4.種々の物理量の平均値
  5.一般の場合のBernoulliの式
  6.Viral定理

2 統計力学の原理1(古典論)
  1.巨視的状態と微視的状態
  2.熱平衡状態と等重率の仮定
  3.等重率の仮定をもとにした理論における計算規則
  4.理想気体(古典論)

3 状態数の計算および数学的技巧
  1.微視的状態の数および状態密度
  2.最大項の方法
  3.数学的技巧
  4.等重率の仮定と温度
  5.圧力と化学ポテンシャル
  6.小正準理論の確率論的整備

4 正準集合の理論と簡単な応用
  1.小正準集合理論のまとめと展望
  2.正準集合の理論
  3.正準集合理論の例
  4.2原子分子の正準集合
  5.数表示と量子統計
  6.相互作用のある粒子の系

5 大正準集合の理論
  1.はじめに
  2.大正準集合の導入
  3.Boss-Einstein統計にしたがう粒子の系
  4.Fermi-Diracの統計にしたがう粒子の系

6 統計力学の原理
  1.時間平均と集団平均
  2.古典統計力学の困難と量子力学
  3.平衡系の統計力学の公理的整理

7 統計力学の応用
  1.はじめに
  2.固体の比熱
  3.最大項の方法
  4.変分原理
  5.摂動論の方法
  6.反応がある過程の平衡
  7.分布関数の方法

付録