資源植物学研究方法への手引き

小山鐵夫・著

資源植物学研究方法への手引き

発行
1984/05/01
サイズ
A5判
ページ数
208
ISBN
978-4-06-139575-6
本体
3,786円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

産業界の熱い注目を浴びる資源としての植物の扱いを、系統的に記述した本格的教科書。植物学科、農学の研究者、学生はもとより、各種産業界や行政の担当者にも好個の手引きとなる。

目次

1 植物資源
  1.資源植物
  2.遺伝子と遺伝子プール
  3.生殖質
  4.資源植物と農業育種およびバイオテクノロジーの関係
  5.植物の種と遺伝子の喪失

2 資源植物のインベントリー研究
  1.栽培植物起原論的研究法
  2.未開発および開発中の有用植物の探求
  3.植物の収集と同定
  4.植物標本と標本館

3 資源植物の保存
  1.植物の保存法の概略
  2.植物の生育地保存――自然保護
  3.植物移住 植物導入
  4.植物園と生きた植物の保存
  5.種子の貯蔵
  6.植物の器官 組織 細胞の低温貯蔵

4 未開発および開発中有用植物の例
  1.種粒植物
  2.種粒以外のデンプン植物
  3.野菜類
  4.ラテックス植物
  5.油料植物