有機マススペクトロメトリー入門

中田尚男・著

有機マススペクトロメトリー入門

発行
1981/11/20
サイズ
A5判
ページ数
198
ISBN
978-4-06-139432-2
本体
3,689円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

単なる“数合わせ”から脱却してフラグメントイオンの構造やフラグメンテーションの機構に対して理論を与えようとする“マススペクトルの有機化学”の入門書。初心者も経験者も知っておきたい基礎をやさしく解説する。

目次

1 マススペクトルの基礎
  1.マススペクトルの概要
    1.マススペクトルの測定と記録
    2.同位体ピーク
    3.高分解マススペクトル
    4.メタステーブルイオンピーク
    5.よいスペクトルの測定
  2.フラグメンテーション
    1.分子イオンの構造
    2.結合開裂の表示
    3.不対電子と正電荷の役割
    4.EIマススペクトルにおけるフラグメンテーションの規則
    5.代表的なフラグメンテーションの様式

2 構造解析と定量分析への応用
  3.分子量の決定
    1.分子イオンピークの現われやすさ
    2.分子イオンピークの測定に適したイオン量の確保
    3.フラグメンテーションの抑制
    4.分子イオンピークであることの判定
  4.マススペクトルによる構造解析
    1.マススペクトルの比較
    2.マススペクトルのデータ集
    3.構造異性体のマススペクトル
    4.立体異性体のマススペクトル
    5.フラグメンテーションによる構造解析
    6.構造解析の実例
    7.ペプチドにおけるアミノ酸配列の決定
  5.分離同定および定量分析への応用
    1.ガスクロマトグラフィー/マススペクトロメトリー
    2.選択イオン記録
    3.定量分析
    4.高速液体クロマトグラフィー/マススペクトロメトリー
  6.新しいマススペクトル
    1.化学イオン化によるマススペクトル
    2.フィールドイオン化およびフィールドデソープションによるマススペクトル
    3.In-Beam EIマススペクトルおよびエミッターCIマススペクトル
    4.プラズマデソープションマススペクトル
    5.衝突活性化によるフラグメンテーション
    6.MIKEスペクトル
    7.電場と磁場の連動走査によるスペクトル
    8.四重極型