フロンティア軌道法入門有機化学への応用

I.Fleming・著 福井謙一・監修 竹内敬人/友田修司・訳

フロンティア軌道法入門有機化学への応用

発行
1978/09/01
サイズ
A5判
ページ数
300
ISBN
978-4-06-139250-2
本体
4,500円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

反応物側から生成物をHOMO、LUMOで予測するフロンティア軌道法は、W-H則を超える半定量的方法としてきわめて有効である。本書は有機化学の学生・研究者のために、豊富な反応例に即して平易に解説した入門書。

目次

1 序論

2 分子軌道とフロンティア軌道
  1.化学結合
  2.フロンティア軌道:HOMOとLUMO

3 イオン反応
  1.硬および軟酸塩基の理論
  2.両性求核試薬
  3.両性求電子試薬
  4.アルキル炭素原子上の置換反応
  5.α効果
  6.有機化合物の構造への摂動法の応用

4 熱で起こる周辺環状反応
  1.Woodward-Hoffmann則
  2.付加環化の反応速度
  3.ジエンと求ジエン試薬のフロンティア軌道のエネルギーと係数の評価
  4.配向選択性の例
  5.Diels-Alder反応のLewis酸触媒
  6.付加環化の位置選択性
  7.周辺環状反応の周辺選択性

5 ラジカル反応
  1.序論:求核的ラジカルと求電子的ラジカル
  2.水素原子およびハロゲン原子の引き抜き反応
  3.π結合に対するラジカルの付加反応
  4.両性ラジカル
  5.ラジカルカップリング
  6.光で起こるラジカル反応

6 光化学反応
  1.光化学反応一般
  2.光化学反応に対するWoodward-Hoffmann則
  3.光付加環化の配向選択性
  4.光で起こる芳香族置換反応

7 例外
  1.文献
  2.基本用語集
  3.索引